Yoga Training Centre @ Mir Ghat近く

1990年代前半に大学生だったぼくらの世代が「ヨガ」と聞いて思い出すのは、ヨガサークルを隠れ蓑に勧誘活動をしていたオウム真理教であり、空中浮揚している尊師の写真だった。

だが、2,3年前、インド直輸入のヨガではなく、NY経由で輸入されたパワーヨガが流行っているとか聞き、実際、電車の中でも丸めたヨガマットをかばんに入れて歩いている白人をよく見かけ、それを真似してみたくなったので、月に1,2回のペースでヨガスタジオに通っていた。
ただ、体の固さは如何ともし難かった。アメリカ人インストラクターのクラスに通った時、「膝が痛くてこれ以上曲げられない。」と言ったら、「怪我をしているのか?」とびっくりした表情で聞かれてしまった。
そんなことやらで、知らず知らず、足が遠のいてしまった。

今回、せっかくNY以上にヨガの本場、インドに来たのでヨガを体験してみることに。
d0140653_5402956.jpg
床に敷かれているのは、パワーヨガで使うような鮮やかな色をしたヨガマットではない。
学生時代の体操の時間に体育館の床に敷いていたマットを、少しやわらかくして、かなり汗を吸い込ませたような、いささか湿っぽいマットである。

床に這いつくばった姿勢から尻を高く突き出したりとか、日本でやっていたパワーヨガと結構似ているところも多い。そして、体が固くてどうにもついていけないのも同じ。

ただ、こんなポーズをやられると、NYのパワーヨガとは違うな、さすがインド、と思ってしまう。

Yoga Training Centre 2008年7月29日10時~11時
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-08-26 05:43 | インド(India)  

<< 夜行列車(Marudhar E... Alka Hotel@Mir ... >>