イル・ボッカローネ@恵比寿

2年半ほど前、恵比寿のヨガスタジオへ月に1,2回行っていた。

1990年代前半に大学生活をおくった世代にとって、「ヨガ」と聞いて思い出すのは、オウム真理教が勧誘のための隠れ蓑として運営していたヨガサークルであり、「ヨガ」という言葉にあまり良いイメージを持てなかったのだが、この頃はやり始めたのはアメリカから入ってきたパワーヨガで、ひげ面の尊師をイメージさせるインドのヨガと違って、爽やかなイメージが漂っていた。
d0140653_5203576.jpg
(↑この写真は、今年7月のインド、バラナシでのヨガ。爽やかとは言いにくい。)

イメージ重視の私は、当然のようにアメリカ人インストラクターのクラスに通っていて、説明は基本的に(簡単な)英語だったのだが、「すうてー(「吸って」の意)」、「はいてー(「吐いて」の意)」だけ、日本語で、その独特のイントネーションだけ、覚えている。
d0140653_5254366.jpg
恵比寿駅からそのスタジオに行く途中にあるイル・ボッカローネ。
スタジオに行く度、気になっていたのだが、ランチタイムは営業していなかったので、どうしても行く機会がなかった。
が、今年の春、この姉妹店のラ・ビスボッチャに行き、満足度が高かったので、久々に思い出したイル・ボッカローネに行くことに。
d0140653_5255736.jpg
カジュアルでありながら、カジュアルすぎず、かつ、恵比寿駅から近くにありながら、近すぎない。色んな意味で適度なところが良い感じだ。

イル・ボッカローネ(Il Boccalone) 2008年9月13日22時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-11-16 05:28 | 食(恵比寿~六本木)  

<< プジョー205破損@中目黒の駐車場内 ゑびす屋@横浜吉野町 >>