Contemporary Japanese NAMU ②@Wホテル ソウル ウォーカーヒル

Contemporary Japanese NAMU ①@Wホテル ソウル ウォーカーヒル①の続き。
d0140653_3315410.jpg
続いて出てきたのは、すり身揚げ入りのコンブスープ。これが一番意図が分かりにくかった品か。すり身といってもつみれではなく、油で揚げているのでさっぱりとした感じはあまりしない。
次が、酒ユズソースを添えたヒラメ空蒸し。韓国では柚子の味が好きなのでしょうか?メニューの中に柚子を使った料理が多い気がした。
d0140653_3321496.jpg
茄子、干しぶどうピュレをアサヒビール香の野菜と和牛サーロイン。「ビール」ではなく、「アサヒビール」である。このサーロインの塊は美味かった。
d0140653_3323553.jpg
この頃から、外の暗さが増してきた。せっかくの景色の席なのだから、夜景を楽しめる暗くなってからの時間帯の方が良かったかも、などと思っていた。
でも、夜景になった後は、漢江南岸のマンション群ばかりで、いささか単調な夜景なので、まだ明るい時間帯から徐々に暗くなっていく変化を見ることができた6時30分からという時間帯は、正解だったかも知れない。
d0140653_3325099.jpg
ビーフシチュー。ビーフシチューにはご飯が添えられているし、味噌汁が一緒にきたので、〆のご飯ということのようだ。さらに、羊羹とカンパリシャーベット。
d0140653_333374.jpg
食後に、厨房、テーブル席、寿司カウンターを見ながら帰ったけれども、お客さんに韓国人のカップルや家族の多い印象。韓国人にとって、この料理は、今までにない和食で、インパクトが強いだろうなぁ。
d0140653_3331734.jpg

Contemporary Japanese NAMU 2009年6月20日18時30分~訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2009-07-03 03:34 | ソウル旅行2009,6,20~6,22  

<< ウーバー (Woobar)@W... Contemporary Ja... >>