カテゴリ:バンコク③2008,2,14~2,20( 22 )

 

ベジタリアン機内食@タイ航空バンコク→東京(TG640)

機内食は、いろいろ注文すれば注文に応じてくれるとは聞いていたが、まだ体験したことはなく。
今回、ベジタリアンミールをオーダーしてみた。ベジタリアンミールの中にも、乳製品ありと乳製品なしの二種類があったけど、せっかくなので乳製品も無いほうを選択。

他の乗客よりも先に食事が届いて、なんか嬉しい。
でも、まだ飲み物が渡されていないので何か食べにくい。それに、満員の機内で周りの乗客に食事が届いていない中、一人だけ食べ始めるのは勇気が要る。
d0140653_13394759.jpg

飲み物が配られ、周りにも食事が配られたので食べ始める。
口に入れた瞬間に昔の記憶が。。

これは、大学に入ったばかりの1年生の時、政治学の佐藤誠三郎先生のゼミに入ったのだが、ゼミの後で行った(当時キャンパスの近くにあった)ZIZIという喫茶店で食べた料理だ。
「トマトカレー」という名前のメニューで、カレーの上にトマトが乗っているのか?と思いつつ、注文したら、赤っぽいカレーのようなものが出てきてビックリした、そんな記憶が、口に入れた瞬間に、怒涛のように流れ出してきた。

ところで、トマトカレーって、そんなに一般的なメニューなのかな?これまでの人生で、この2回しか食べたことないけど。

機内食に話を戻すと、ベジタリアンミールと思えないほどに、コクがあって美味い。トマトカレーのほかには、ビネガーの効いた野菜。ベジタリアン機内食、案外よかったので、おすすめです。

タイ航空バンコク→東京(TG640)2008年2月19日22:35~2月20日06:15
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-15 13:43 | バンコク③2008,2,14~2,20  

Hai@BTSサラデーン駅近く、Convent通り

今回のタイ滞在最終日、最後に食べたいのはやっぱりラープ(肉とハーブの和え物)。
タイ東北部(イサーン地方)からラオスにかけての料理だ。

d0140653_3521652.jpgあまり時間もなく、オリエンタルホテルからそう遠くないところで、と言うと、BTSサラデーン駅近くの「ハイ」。
鶏肉のラープ(55バーツ)、豚肉のラープ(55バーツ)、ソムタム(青いパパイヤのサラダ、30バーツ)、ガイヤーン(焼き鳥)、カウニャウ(もち米、12バーツ)を注文。ぼくは、豚肉のラープが一番好きだなあ。




d0140653_3524112.jpg

間違えて頼んでしまったイカのラープ(ラープ・プラムック、60バーツ)が予想外に美味しかった。

d0140653_3525142.jpgここは、丸の内と歌舞伎町を合わせたような街だが、夜7時に行った時点で大混雑。客層は、OLやサラリーマン、学生など、いたって健全。

Hai 2008年2月19日19時頃訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-14 03:55 | バンコク③2008,2,14~2,20  

Oriental Spa@オリエンタルホテル(バンコク)

ホテル専用の渡し舟で対岸へ渡った。タイ滞在の最終日、素晴しいと聞いて体験してみたかったオリエンタル・スパへ。
d0140653_3502988.jpg
まずは、シャワーを浴びたり、ジャグジーに入ったりして、のんびり。

しばらくするとスタッフがやってきて、まずは、マッサージ。ぼくは、タイトラディショナルマッサージとスウェディッシュマッサージのうち、後者を選択。さらにスクラブ。
でも、具体的に何をしてもらったのか、例によって、うとうとしてしまい、あんまり覚えていない。

初めて受けた頃はあまりの気持ちのよさに感動したタイマッサージだけど、最近、マッサージが終わった後、妙に体がだるい気がして、少し不満が残ることが多かった。でも、ここでは、完全な満足を得られた。

ちなみに、急に話のレベルが落ちるけど、脂栓ってありますね。日本では、普通、あれをぐいぐいと押し出してはいけないと言われているけど、こちらでは、それをやられてしまった。避けたい人は予め言っておこう。

このSpaには、アーユルヴェーダによるインド式治療もあるというので、その部屋を見せてもらうことに。
d0140653_350401.jpg
これも、独特の雰囲気が漂っていて、凄く効きそう。次は、こちらを試してみたい。

Oriental Spa(どのコースをお願いしたのか、ちゃんと覚えていないのだが、たぶん120分2人で800米ドルくらい)2008年2月19日14時から
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-13 03:55 | バンコク③2008,2,14~2,20  

プール@オリエンタルホテル(バンコク)

ここのプールは、プールサイドにデッキチェアがいっぱい並んで人が寝そべっているけれども、泳いでいる人は少ない。都会のホテルでありながら、ちょっとリゾートのホテルのような雰囲気を醸しだしている。

ぼくは、もちろん泳いだけれども、必死にスピードを上げて泳ぐのが相応しい雰囲気ではない。
滑らかに、それでいてスピードが出るのは、もちろんカッコいいのだが、バシャバシャとしぶきを立てながら泳ぐのはカッコ悪い気がした。
だから、自分の力の範囲内で、できる限りしぶきを立てないように、平然と、それでいてできる限り速く泳ぐように、心がけてみたけど、難しいね。
d0140653_3165981.jpg
こんな風にフォームに気をつけながら泳いでいたら、普段よりも疲れてしまい、デッキチェアで寝そべって本を読んでいた。しばらくすると、ホテルのスタッフがアイスクリームを持って来てくれた。

結婚式の段取りをいろいろサポートしてくれたスタッフによれば、(バンコクの)普通の高級ホテルでは、部屋数とスタッフの人数がほとんど同じだと言う。でも、このオリエンタルホテルでは、部屋数の約2倍のスタッフがいるのだとか。本当にここでは何から何まで気を配ってくれる。

そういえば、ホテルのスタッフがだんだんぼくのことを覚えてくれて、エレベーターに近づくだけでぼくの泊まっているフロアの階のボタンを押してくれるようになったし、(鍵を預けてある)カウンターに近づくだけでぼくの部屋の鍵を先回りして取って渡してくれるようになった。自分が怠惰になっていくのを感じたが、こうした非日常の場でくらいは、許されるだろう。
d0140653_3171021.jpg

ぼくらのいたプールの隣には、浅いプールもあって、こちらは(大人もいたけど)子供中心。
黄色人種のぼくが言うのも変だが、ここのプールには、白人の子供がよく似合う。

2008年2月19日10時30分頃
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-13 03:20 | バンコク③2008,2,14~2,20  

ラオラオ@パホンヨーティン通り、アーリー駅近く resort2008

ぼくがバンコクに行く度に食べるものの一つ、オースワン。
いつも行くポッチャナー55に、バンコクに来た2月14日(木)の夜に行こうとしたのだけれども、何故か閉まっていた。

この日、ポッチャナー55に再度トライしてみても良かったのだけれども、また閉まっていたらショックなので、BTSでアーリー駅まで行き、シーフードの有名店、ラオラオへ。
d0140653_424975.jpg
ここも、深夜(朝4時)まで営業していて使いやすい。
生がき(1つ50バーツ)をレモン汁を付けて食べる。人によっては、タイで生がきを食べるのは抵抗があるかもしれないけれども、夜中でも人がひっきりなしに来ていて食材の回転も速そうなので、恐らく問題ないと思う。ぼくは生がきが好きなので構わず食べる。
d0140653_4244685.jpgさらに、お目当てのオースワン(120バーツ)。ポッチャナー55のオースワンはバター(というよりもマーガリン?)味で脂こってりなのに対し、ここのは、溶いた片栗粉がかかっていて脂っこさはあまり感じない。こちらの方が好きな人も多いだろう。

Lao Lao(1271/4-7 Pahon Yothin Rd.) 2008年2月18日23時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-12 04:40 | バンコク③2008,2,14~2,20  

Bamboo Bar@オリエンタルホテル(バンコク)

d0140653_404446.jpgジムから戻ってきた頃、妻は友人とホテルの中のレストラン(The The Verandah)で食事兼お茶をすることに。
ぼくは、その間邪魔しないように、でも、いつでも落ち合えるように近くにいた方が良いので、すぐ隣のBamboo Barで飲んでいることにした。

日本から持ってきた本を読みながら、演奏されているジャズを聞きながら、ビールをさらにモヒートを飲んでいた。
これまでのバンコク滞在では、少しの時間を見つけてもあちこち歩き回っていたけれども、ホテルの中でゆったり過ごすのも良い。

Bamboo Bar 2008年2月18日20時30分ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-12 04:02 | バンコク③2008,2,14~2,20  

フィットネスジム@オリエンタルホテル(バンコク)

日本にいるとなかなか運動しないのだが、ホテル滞在中はせっかくなのでジムに行ってみたくなる。

オリエンタルホテルのジムは、泊まる部屋がある建物のあるチャオプラヤ川左岸からホテル専用の渡し舟に乗っていく川の反対側にある。
d0140653_4102369.jpg
Tシャツもショートパンツも借りられた。シューズは持っていたので借りなかったけど、借りられるらしい。

中に入ってみると、マシンのスペースには誰もいない。
夜8時という時間のせいかも知れないけれども、川を渡った対岸にあって少し面倒だからかかも知れないけれども、同じく対岸にあるスパが朝から晩まで満員なことを考えると、このホテルには、スパを楽しむお客さんは多くてもジムで汗を流すお客さんはあまりいないということなのだろうか。

d0140653_4103565.jpgインストラクターの指導を受けつつ腹筋のトレーニング。
ジャグジーもなかなか快適でした。

オリエンタルホテル フィットネスジム、2008年2月18日20時ころ
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-11 04:14 | バンコク③2008,2,14~2,20  

Blue Elephantのオイスターソースとナムプラー購入@Emporium

d0140653_3525398.jpg自宅用のお土産でもと思ってBTSプロンポン駅前のショッピングモールEmporiumの中に入っているスーパーマーケットの中を歩いていたら、(行ったことはないけど)最近人気らしいBlue Elephant(タイに進出してきたベルギーのタイレストラン)の調味料や食材があった。
最近は、ナムプラーをパスタや野菜炒めにも多用しているので、1本35バーツと若干高めだったけど、オイスターソースとナムプラーを購入。

Emporium Gourmet Market、2008年2月18日14時ころ
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-11 04:03 | バンコク③2008,2,14~2,20  

朝食@オリエンタルホテル(バンコク)

ビュフェスタイルのホテルの朝食が好きだ。
朝食がイマイチのホテルは、なんか好きになれないような気がする程。

d0140653_3543861.jpg
ホテルの朝食の評価を左右するもの、その第一は、種類の豊富さ。
ついつい、食べきれない程の量を取ってしまう。
第二は、もちろん味。
つい取り過ぎてしまう、というのも、美味しいからこそな訳で。
第三は、場所の雰囲気。
朝ならではの爽やかさが感じられる場所が良い。

この3つの視点からオリエンタルホテルの朝食を見ると。
d0140653_347168.jpg

第一の種類の豊富さは、もちろん不足ということではないけれども、普通だったか。
第二の味は、充分美味しかったと思う。
第三の場所の雰囲気は、5点中の5点。
チャオプラヤ川に面した開放感。対岸に見えるペニンシュラホテルの偉容。白人客のリラックス具合。いずれも、このホテル特有の雰囲気をかもし出している。

d0140653_3535716.jpgメニュー中には残念ながらミソスープが無かった。「ミソスープはないの?」と聞くと、律儀にも作って持って来てくれた。ただ、残念ながら、うちで食べる味噌汁の方が美味い。

2008年2月18日9時30分ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-10 03:57 | バンコク③2008,2,14~2,20  

バーンカニタ&ギャラリー@サートーン通り

従来、タイ料理店といえば、屋台に毛が生えたような庶民的な店、ソンブーンに代表される日本人も大好きな海鮮料理店、あとホテルの中の高級店という分類だったのではないか。
そんなタイ料理界に新風を巻き起こしたスタイリッシュなタイ料理店の先駆け、「バーン・カニタ&ギャラリー」。

そのバーン・カニタ&ギャラリーが、2005年にサートーン通りに移転したという。
この辺りは、外資系の金融機関や大使館が集まっているちょっとハイソなエリア。このバーン・カニタ&ギャラリーも元ルーマニア大使館として使われていた洋館だという。

あと20分くらいで行きます、そう電話で予約してから向かった。入ってみると、思ったよりも広い。
客層は、外人客半分、タイ人半分というところか。観光客はあまりいなさそう。

d0140653_1429145.jpg料理はモダンで、器も凝った感じ。決してクラシックではない。
ソフトシェルクラブのプーパッポンカリー(420バーツ、約1500円)を注文しようとしたのに、間違えてしまったのか別のものが来てしまったのが少し心残り。

食事中に手元の携帯が鳴って「いつ頃来られますか?」と聞かれた。「もう食事していますけど。」と答えると、「サートーン通りのお店に行かれたのですね。」と言われた。
スクンビット通りの方にも支店があり、予約の電話は間違えてその支店にかけてしまったようだ。皆さんもお気を付け下さい。

バーンカニタ&ギャラリー」2008年2月17日20時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-09 14:32 | バンコク③2008,2,14~2,20