カテゴリ:食(東京駅~日本橋)( 24 )

 

100%チョコレートカフェ@京橋

先日のエントリーで、「お一人様」のことを書いた。
一人であちこちの店に行っていることを書いているものの、一人でより二人での方がやはり入りやすいことも多い。
d0140653_3534191.jpg
12日で勤務先を休職した後、この日、妻を連れて勤務先に挨拶に行ったので、その後、明治製菓本社の1階に併設され、チョコレートドリンクやチョコレートの揃うこの店へ。
d0140653_3535791.jpg
妻はショコラドリンク(400円)、私は100%アフォガード(300円)を注文。どちらもなかなか美味い。今回は買わなかったけれども、その日その日のチョコレートがある(例えば、6月20日のチョコレート、というように)ので、これは、ある日の記念に贈ってもよいし、楽しい。
d0140653_354882.jpg
(↑天井はチョコの形)

100%チョコレートカフェ 2009年6月16日14時ころ
[PR]

by yokohama_nakame | 2009-06-26 03:56 | 食(東京駅~日本橋)  

オザミ トーキョー (AUXAMIS TOKYO)@丸の内ビルディング

「お一人様」とか言いますが、10年前は無かった言葉のような。
一人で食事をするのは恥ずかしいという女性の気持ち、これに店側が応えて彼女達も気楽に食事を楽しめるようにという配慮をするようになってきていること、この辺りがこの言葉の背景にあるのでしょうか。
d0140653_3324663.jpg
6月12日が休職前の最終出勤日。12日はランチミーティングだったので、11日が最後のランチ。最後のランチには、(最近はあまり行かなくなってしまったけれども)一番行ったんじゃないかな、と思えるオザミトーキョーを選んだ。
d0140653_333694.jpg
仕事で疲れた時とか、よくランチに行った。ここは、カウンターがあって、ここはお一人様でも気楽に食事ができ、疲れをほぐすのには最適だった。
最近あまり行かなくなってしまった、というのも、この仕事を始めた頃のような疲れ方をしなくなったことの故なのだろうか。
d0140653_3332628.jpg
d0140653_3333929.jpg
(↑フォアグラのリゾット。ここのランチの定番、豚ロースのグリエを選ぶつもりだったのに、ついこちらを選んでしまった。)
d0140653_3334934.jpg
(↑ブランマンジェ)

オザミトーキョー(AUXAMIS TOKYO)2009年6月11日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2009-06-20 03:37 | 食(東京駅~日本橋)  

ダバ インディア@東京駅八重洲口

何かで読んだことがありますが、日本には雨をさす言葉が梅雨、時雨、五月雨等々あるように、モンゴルには羊を指す言葉が何種類もあるとか。おそらく、羊肉の良し悪しについてはモンゴル人は、非常に繊細なのでしょう。日本人の場合、魚については世界一繊細なんじゃないかと思いますけどね。
では、日本人は肉だと、何について繊細かと言うと、たぶん鳥肉ではないかと思うんですよ。
d0140653_3194589.jpg
初台で仕事をし、初台、幡ヶ谷あたりでランチを食べていた時期も、終った。東京駅あたりで久々にどこで食べようかと思って、まず思いついたのが、このダバインディア。
d0140653_320847.jpg
店内に入り、日替ランチ(中辛、この日はチキン(ピーナツソース))を注文。この店は、ナンかライス+バトゥーラを選べるが、後者を選択。
d0140653_32024100.jpg
久々に食べるこの店のカレーは、本当に美味い。東京のインド料理でも相当に上のランクではないだろうか。単に辛いというのではなく、非常に味が複雑で食べる者を飽きさせない。チキンを選んだのも、久々に食べる時の選択として正解だった。チキンという、日本人にとって馴染みの肉だけに、調理の上手さが伝わってくる。歯ざわりまでよい。

ダバ インディア 2009年6月3日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2009-06-10 03:21 | 食(東京駅~日本橋)  

博多麺房赤のれん@丸ビル

今年もたくさんの年賀状をいただきました。
30代半ばになると、写真入り年賀状が多いですね。私の出した年賀状もですけど。
夫婦で写っていたり、子供と一緒に写っていたりとか。でも中に、男はぼくより相当年上なのにうちの奥さんよりもすっごく若い奥さんと結婚(再婚)した写真もあったりして、奥さんはどう見ても男の年齢の半分くらいじゃないのか?と言いたくなるような。
そうした写真を見ると何ともうらやましい二人が調和していないようなちょっとした違和感を覚えないでもないですね。

d0140653_514063.jpgこの日は、休憩のタイミングをつかみ損ね、3時過ぎになってやっと昼ごはん。丸ビル6階にあるとんこつラーメンの博多麺房赤のれんへ。
すごく腹が減ったとき、普通の店なら大盛りを頼むが、博多ラーメンでは大盛りではなくて替え玉を頼むのが正統とされているようだ。なので、ぼくも大盛りでなく、まずは普通盛りを頼んだ。

硬めの麺に熱いスープ。麺とスープが自己主張をし互いに譲り合わない。この熱いスープをくいっと飲んでバリバリとした麺をすするのは楽しい。だが、楽しいと言いつつも、熱い食べ物は決して得意でないので、食べるスピードは決して速くない。すると、次第にちょっとぬるめのスープにちょっと柔らかい麺という組み合わせになっていた。人によっては、「延びちゃった」といって嫌うんだろうが、これもまた良い。

満足して替え玉を頼んだ。
が、替え玉を入れてみると、今度は、硬い麺とぬるめのスープの組合せ。これには若干の違和感を覚えた。
このぬるめのスープには、むしろ延びかかった麺の方が合っているんではないだろうか。
釣り合わない年の差カップルを見た時のような気持ちになったのでした。

博多麺房赤のれん 2009年1月27日15時30分ころ
(追伸:年の差の離れた夫婦から頂いた年賀状の話はフィクションです。)
[PR]

by yokohama_nakame | 2009-02-10 05:22 | 食(東京駅~日本橋)  

酒房長谷川京橋店@京橋

8月3日にインド旅行から帰ってきて以来、1ヵ月半以上もインド旅行記を書いてきたので、インド旅行記以外をどうやったら書けるのか、書き方を忘れてしまった。
インドに行く前のことでも書くネタはあったはずなのだが、まずは、インドから帰ってきた翌日のランチのことから書いていこう。
外国から日本に帰ってくると、旅行先がどんなに料理の美味い国であったとしても、和食が食べたくなる。
それが、料理のイマイチの国から帰ってきた場合であれば尚更だ。
d0140653_223354.jpg
ぼくの職場の近くで、和食が美味い店、とくに米の飯が美味い店といって真っ先に思い出されるのが、京橋にある「酒房長谷川」。
定食屋で米の飯というと、でんぷんを摂取できればOKというような炊き方で、水っぽくべしゃっとしていたり、干からびて黄色がかっていたりする店もあり、興醒めなこともある。でも、ここのランチは、奇を衒わない焼魚に米飯なのだが、そのどれもが美味いなと思わせる。
d0140653_223197.jpg
この日は、鮭ハラス焼定食(1100円)。ハラスの脂をを口の中で溶かしながら、少し硬めにしっかりと炊かれた飯を頬張ると、この一週間、美味い魚も美味い米も食べられなかったことも手伝って、本当に美味いと感じる。この店は新潟産の米にこだわり、新潟産の酒にこだわっているようだ。
d0140653_224920.jpg
もっとも、このうち後者は、来たい来たいと思いつつも(職場に近いのが災いしてか)夜に来たことがないので、残念ながらまだ試したことがない。

酒房長谷川京橋店 2008年8月4日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-09-29 03:28 | 食(東京駅~日本橋)  

ドブロ@京橋

クロアチアは、イタリアとアドリア海を挟んで向かい側にある国で、ヨーロッパ人の間では、風光明媚なリゾート地として人気が出てきているらしい。
しかし、日本では、クロアチアは依然としてマイナー。私も、クロアチアについての知識は勿論なく、ある料理の名前を言われたり、ある料理を出されたりしても、クロアチア料理か否かの区別はできない。
が、せっかくクロアチア料理店に来たのに、どうみてもクロアチア料理ではなさそうな普通のパスタランチを注文しても仕方ないので、パスティツァーダ(牛ホホ肉の赤ワイン煮込み) ガーリックライス付(1200円)を注文。
d0140653_3515086.jpg
牛ホホ肉の煮込み自体も美味いが、ガーリックライスが食欲をそそる。ガーリックライスといえば、フィリピンでもポピュラーな料理だが、フィリピンのガーリックライスは炒めたにんにくを白飯に混ぜたからっとした味なのに対し、クロアチアのガーリックライスは、にんにくたっぷりのスープで白飯を煮込んだ濃厚な味。

客層は2人組のOLが大半。そういうと華やかな感じに聞こえそうだが、年齢層が若干高めで30代半ば中心。
私の友人の女性達(私と同年代の30代半ば)の中にも、ヨーロッパに旅行に行くという人達が結構いて、その話を時々聞く。ヨーロッパに行くと言うから、フランス?イタリア?と聞くと、アイスランドとか、バルト三国とか、ポーランドとか、なんか地味な国ばかり。この傾向は、私の周りの女性だけだろうか。

このクロアチア料理店でランチを食べながら、周囲の30代OLを見ていたら、そんなことが気になった。

ドブロ(Dobro) 2008年6月19日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-06-20 03:56 | 食(東京駅~日本橋)  

炭火職人@日本橋

週初めの月曜日。休み明けだというのに、相変わらず勉強やら何やらであんまり休めなかったせいか、何となく体が疲れている。

d0140653_2573090.jpg体が疲れている時は、蕎麦とか軽い物がいいかなと思っていたのだが。
メガネ拭き(東レトレシー)を無くしてしまったことを思い出し、ランチタイムに東京駅八重洲口のメガネドラッグまで買いに行くと、今日は月曜日、近くの焼肉屋「炭火職人」で全てのメニューが100円引きの日であることも思い出した。

体が疲れている時は、軽い物よりも焼肉がいいだろう。

安いのはハラミ(800円、月曜日は100円引きなので700円)だが、さすがにハラミだけを食べ続けると飽きてしまうので、ミックスセット(1000円、月曜日は100円引きなので900円)を注文。
d0140653_258266.jpg
東京駅八重洲口を出たエリアには、ランチで安い焼肉を食べられる店が多い。どの店もCP良好で互角の勝負を演じているのだが、少しずつ雰囲気が違う。
例えば、昌月苑は、太陽の光が差し込むビルの2階にあるせいか雰囲気も明るく、客層も普通の健康的なサラリーマン主体。
一方の炭火職人は、店が地下のせいか、若干暗めの店内で炭火だけがぼうっと光っているせいか、肉好きオーラをじわっと放射している少し恰幅のよい人に客層が偏っている気がする。

炭火職人 2008年6月16日13時20分ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-06-17 03:10 | 食(東京駅~日本橋)  

四川豆花飯荘東京店@新丸ビル

新丸ビル6階にある四川豆花飯荘東京店。
店の入口でメニューを見ると、ランチセットがどれも2000円弱、坦々麺の単品でも1470円 となかなかのお値段。実際、職場の近くだが自腹で来たことはない。d0140653_3532588.jpg
この日も自腹ではなく、仕事関係で行った時に食後のフォーチュンクッキーを食べていたら、「坦々麺を一つ進呈」と出たので、厳密にはこの坦々麺は勤務先の権利で、、、と言うべきかも知れないけれども、そんなことを言っても面倒なだけだから、翌日のランチとして頂くことにしただけである。

坦々麺は確かに美味いのだが、1470円という値段ほどに凄いのかはよく分からない。例えば大塚駅北口にある世界飯店で坦々麺(780円)を食べるのとどこが違うかと聞かれたら、「うーん、店内のきれいさと店の周りの雰囲気。」と答えてしまいそうである。

そう思っていると、OL3人組がレジの方に向かって私のテーブルの前を歩いて行くのが見えた。d0140653_3534659.jpg
OL1:「美味しかった~。」
OL2:レジに行く途中の壁にかかっている刺繍を指して、「これ、すごい綺麗。」
高い店に行くと、その店の良いところを見つけて言葉にする。そして、この高い値段も正当な値段だったんだ、と自分に言い聞かせるようだ。

この店はお茶のパフォーマンスが有名で、長いじょうろのような水差しからお湯を入れてお茶を作ってくれる。何煎か入れても美味しいので、何人かでゆっくり食事をするにはいいだろう。

四川豆花飯荘東京店 2008年6月5日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-06-06 04:02 | 食(東京駅~日本橋)  

山田屋@日本橋

今週は予想外に忙しくなって困っている。
忙しい日には、昼食を抜くとかしても良いのかも知れないけれども、仕事が行き詰まっている時には昼食が気分転換になることもある。昼休み前に問題点を頭に入れておいて、外へと出かける。

休み時間には当然ipodで英語のリスニング
周りへの注意が散漫になって危ないけれども、地下街を歩いている分には周りがよけてくれるので助かる。道路を歩くときにも、車の通らない小道を選んで。
で、辿りついたのが、小道にある山田屋。

d0140653_463772.jpgムツ粕漬け焼き定食(1000円)を注文。
焼いてくれたのは、Dal Mattoの平井シェフに顔も体型も似た方(つまりは、ぼくに似た多少ともころんとした体型の方)。
料理が出てくるまでに10分くらいかかるので、急ぐ時には不向きかも知れないが、気分転換がてらに食事に出る時には、これ位がちょうど良い。

職場に戻ったころには、膠着状態を脱して、仕事がまた進み始めた。

山田屋 2008年5月15日13時20分ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-05-16 04:08 | 食(東京駅~日本橋)  

八重寿の魚人(とと)@東京駅八重洲口

最近インドカレーを食べていないので、八重洲のダバ・インディアへ。
行くはずだったのだが、5月中旬とは思えないほど寒い。暑い地域の食べ物は体を冷やす、という説をかつて聞いたことがあるのを思い出し、体を温めそうなものを食べることに。

ダバ・インディアの近くで、体が温まりそうなものは、と考え、つい最近も来たばかりの八重寿の魚人(とと)へ。
日替膳(鮭ハラス焼)(850円)を注文。
d0140653_230136.jpg
脂がのっていて、かなり美味い。携帯のカメラで撮ったせいか、うまく伝わらないけれども、ボリュームも十分。
これで850円は、お得感がある。

八重寿の魚人(とと) 2008年5月12日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-05-14 02:45 | 食(東京駅~日本橋)