カテゴリ:英語( 3 )

 

TOEFL試験@同志社女子大学 in 京都

8月9日土曜日、品川駅6時34分発の「のぞみ171号」のグリーン車で京都まで。と書くとなかなか優雅だが。
席に座り、座席をリクライニングさせて休むことにする。と書くとなかなか優雅だが。
d0140653_405266.jpg
実は、TOEFL試験の関東地方の会場が全て埋まっていてやむを得ず、TOEFLを受けるため「だけ」で京都に行くのである。新幹線のグリーン車で寝るのも、この1週間睡眠不足が続いていたため、やむを得ずである。京都駅で起きられず寝過ごすといけないので、携帯電話で目覚ましをセッティングしておいた。グリーン車だけでも、車掌さん(というかグリーン車にいるキャビンアテンダントみたいな女性)が目覚ましサービスしてくれればいいのに。途中駅で下車ということのない飛行機なら安心して寝られるけど、新幹線で途中駅下車の場合、疲れていても安心して寝られないんだよ。。
d0140653_411652.jpg
京都駅で近鉄京都線に乗り換える。
来た電車には、一両ごとに「京都」「奈良」と名前が付きイラストが描かれている。この電車で奈良にのんびり行くというのならば、良かったのだが。
d0140653_413229.jpg
新田辺駅で降り、同志社女子大学のTOEFL受験会場へ向かう。
その前に、新田辺駅前のコンビニ(サンクス)へ入る。
試験会場で試験前に飲むお茶を買うために店に入った。とかいうのなら良かったのだが、、、「すみません。トイレ貸して下さい。」
実は、インドからの帰国が8月2日、それ以来この一週間、腹具合があまり宜しくないのである。

こんな苦しみに耐え、新幹線代まで出して受けたこのTOEFL試験、一応意味はあったようで、初めて100点に達した。
iBT(現行試験)100点は、PBT600点、CBT250点に換算される。TOEFLの勉強を始めた頃、遠い目標だと思っていた点数だが、案外さらっと到達した。
けれども、この点数に達する頃には英語も相当なレベルに達しているだろうな、と期待していたようなレベルでは全く無い。

TOEFL 2008年8月9日10時~14時30分
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-10-18 04:05 | 英語  

ipodで英語リスニング

今まで使っていたウォークマンのソニータイマーが作動、それはネットで買ったipodがうちに来るまさに前日。
以来毎日、家を出る時にイヤホンを耳に差し込んで職場に着くまで聞き続け、昼休みの時も(友達が職場にいないせいか)いつも一人で食事に行くのでずっとイヤホンを耳に差し込み続けている。
よく見てみると、丸の内界隈でipodを使って何か聞きながらしかめっ面をしている人も多い。たぶん英語の練習をしているのだろう。
d0140653_0431738.jpg

聞く時は、できる限りシャドーイングという、聞いた英語内容をすぐ繰り返しながら喋るというのをやっているんだが。
この間、シャドーイングをしているだろう人を職場近くで見かけたのだが、歩きながら独り言をぼそぼそ言っている危ない人にしか見えなかった。
ぼくも、周りから避けられているかも知れない。

ちなみに、今、ipodに入れているのは、
TOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語」仲本浩喜著 SSコミュニケーションズ刊
TOEFLテスト完成ボキャブラリー2000語」仲本浩喜著 SSコミュニケーションズ刊
自然科学、アメリカ史、アメリカ文化など、TOEFLで頻出するテーマが取り上げられている。
もう、何度も何度も繰り返し繰り返し聞いて、話の内容も頭に入っているのだが、歩きながら聞くには、これ位の方が良いかも知れないと思って聞いている。

ipod nano 8GB (Blue) 2008年3月20日オーダー
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-04-11 00:49 | 英語  

【ニュース評】英語での意思疎通不十分で、航空機事故発生

先週金曜日にネットでニュースを見ていたら、(英語で仕事をしているのに、英語が相変わらず苦手なぼくにとっては)他人事は思えないニュースが。
以下、日経ネット2008年3月28日14時04分の記事からの引用。

‥‥‥

カンタス機の9人負傷事故、「英語の意思疎通に問題」・事故調

成田発のカンタス航空70便(A330型、乗客乗員194人)が2005年8月、関西国際空港に緊急着陸し、脱出時に乗客9人が重軽傷を負った事故で、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は28日、日本人管制官とオーストラリア人機長の英語による意思疎通がうまくいかなかったことが原因とする調査報告書をまとめた。「不正確な情報伝達で機長が火災発生と誤認した」と指摘。煙発生の警報は誤作動だった。

 事故調は、いずれの関係者にも規定に違反する行動はなかったとした上で、不必要な緊急脱出でけが人が出たことを重視。管制官に対して緊急時に備えた英会話能力の向上を求めたほか、パイロットにも、英語が母国語以外の国での緊急事態の際は、平易で簡潔な表現を使うよう求めた。

‥‥‥

1.ぼくも英語で仕事をすることは多いのだけれども、英語での電話は苦手、というよりも怖くてとてもじゃないけれども無理。
まあ、電話で話すと外人も状況を察知してメールでの連絡に切り替えてくるが。。

2.「平易で簡潔な表現」と書いてあるけれども、英語のnative speakerにとっての「平易で簡潔な表現」と外国人である日本人にとっての「平易で簡潔な表現」は必ずしも一致しないことが多い気がする。

3.ぼくは英語でメールを書くときには、一つの段落に一つのテーマ、理由付けと主張を一つ一つ対応させる、順接・逆接の接続詞を分かりやすく使う、等、自分の英語に自信がないだけに誤解の生じない表現に気を付けている。でも、native speakerの中には、「Aについては○○と考えられるような気がするけれども、△△という気もするし、一方で□□もなかなか捨てがたく、ところで××を送ってくれると助かります。」のような、つらつら思いつくままに書いたメールを送ってくる人もいて、ぼくを悩ませてくれる。
d0140653_2304939.jpg
ちなみに、このニュースがオーストラリアでどんな風に取り扱われているか気になって、オーストラリアのGoogle newsで、このニュースを探してみたが、見つからなかった。

日経ネット 2008年3月28日14時04分 (写真は、イメージです。)
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-03-31 02:18 | 英語