カテゴリ:食(恵比寿~六本木)( 25 )

 

中国茶房8六本木店@六本木テレ朝通り

d0140653_049448.jpg「中国茶房8」六本木店は、テレ朝通りに面しグランドハイアットの向かいに位置しているが、洗練されたグランドハイアットと、どぎつい中国茶房8とのコントラストは、今の六本木を象徴している。

店内に入ると、場所柄か外人が多い。東京で外人の多い店といっても、白人の多い店にはアジア人はおらず、アジア人の多い店には白人がいないのが普通だが、ここの場合、白人もアジア人も多い。

この日は、北京ダック(3~4人前)3680円を注文。野菜炒めとスープもつくので、これだけでかなり腹一杯になる。
あえて難点を言えば、(北京ダックは他のメニューに比べ)注文してから出てくるまでに時間がかかることか。

中国茶房8 六本木店」2008年1月6日19時30分頃訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-01-11 00:49 | 食(恵比寿~六本木)  

ポルセッコ@恵比寿

9月後半から、かなり忙しいのです。9月30日の金融商品取引法施行のためです。
メールを頂いたり、お誘いを頂いたのに、まともな返事をしなかったり、会ってもすぐに帰ってしまったりしてしまい、本当にすみません。

9月28日(金)は、かなり厳しく帰宅が34時に。土曜日、目が覚めたらもう18時。朝ごはんは恵比寿のポルセッコ。ここは、1階がトラットリア(テラス席)で2階がリストランテ。
店に電話したら、今日は霧雨状態なのでできれば2階の席へどうぞ、と言われて、2階席に行ったんだけど、2階のアラカルトは若干お値段高め。2階席についていたのに、恥ずかしさを我慢して、1階に行きたい旨伝える。
d0140653_16264074.jpg

1階では、3500円~のパーティープランがある。今回は頼んでいないけれども、2000円~の飲み放題プランもある。

こう書くと、味はイマイチの店では?と思うのだが、この値段とパーティプランの名に違って、なかなか悪くない。とくに、パンプキンの練りこまれたパンは美味で、お代わりを何度もした上、お土産にまでもらってしまった。
しかも、席に着くとき、誕生日だからくまさんが誕生日席に、と言った同行者のほんの一言をしっかり聞いていて、ドルチェのときには、誕生日用のデコレーションまでしてくれるサプライズも。
d0140653_162704.jpg

30代半ばのおっさんには関係ないけど、若者が合コンとかやるには、味、店の雰囲気、値段とも良いかも。ただし、テラス席は、冬は寒いだろう。

ポルセッコ」2007年9月29日19:30頃訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-10-07 11:47 | 食(恵比寿~六本木)  

海南鶏飯食堂2@恵比寿

3連休の中日のランチ。9月半ばだというのに暑いので、あんまり遠くまで歩きたくない。恵比寿駅からそう遠くない、「海南鶏飯食堂2」へ。

ここは、麻布十番っていうか六本木ヒルズのレジデンスのすぐ裏にある店の2号店。恵比寿にできたのは、ぼくにはありがたい。1号店は、混んでたし、ね。
d0140653_15273438.jpg
この、チキンライスって、タイでカオマンガイっていうやつだよね。奇をてらっていなくて、美味い。タイで見ている限りでは、スタイリッシュでもないのに、この店で見ると、なんかスタイリッシュな感じで、流行っている。

聞くところ、この店、慶應出身者が始めたらしいんだよね。慶應出身者は、流行る店を作る能力があるのかなぁ、そういうえばCicadaも慶應出身者が始めたらしいし。
ぼくも、負けないで、流行る店をいつか作りたいものだ。

海南鶏飯食堂2」2007年9月16日13時30分頃訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-09-25 01:10 | 食(恵比寿~六本木)  

和食で足るを知る@恵比寿

ぼくは肉やビールのようなカロリーの高いものが好きで、和食はあまり食べない。たまに和食と言えそうな物を食べると、トンカツや焼鳥。

このままじゃ良くないよね。

恵比寿駅から、動く歩道を通ってガーデンプレイスへ、さらにてくてく日の丸自動車学校の近く、「しら石」。
刺身をつまみながら日本酒。そして炭火焼の豚肉(どうしても肉から離れられない)。量が少し物足りないのだが、最後の土鍋ごはんが美味くて、コース4000円ながら満足度は高い。
満足度を高めるのは量じゃないんだな。
d0140653_5311111.jpg
ちなみに写真は、店に飾ってあった版画。棟方志功氏が泊まっていた宿屋から譲り受けたとか。彼の作かどうかは分からないらしいけど。この文字、潔い。

しら石」2007年9月8日20時ころ訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-09-12 04:09 | 食(恵比寿~六本木)  

ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル@広尾

一週間で一番楽しいのは金曜日、というのは誰にとっても同じなんだろうな。
ぼくの場合、金曜は、その日のうちに片付けなければならない仕事だけ片付けたら、何が何でも帰りたいし、金曜はどんなに遅くなっても食事にor飲みに行きたい。
そんなぼくにとって、遅くまでやっている店は本当にありがたい。

d0140653_523433.jpg
広尾と恵比寿の間にあるラ・ピッチョリー・ドゥ・ルルも、そんな店。
広尾から商店街をずんずん行って直角に左に曲がって、明治通りを越えたあたり。ほら、外観からよさげでしょ。
バスク料理ということけど、ぼくは、バスク料理ってどんなものかよく分からないんだよね。だからぼくは店にとってはちょっとがっかりなお客さんだろうな。
この日は、ブーダンノワールを食べながらワインを飲む。
一週間の疲れがたまって体もふらふらになってきたのか、酒が回ってきたのか区別がつかなくなった頃に店を出る。

タクシーで明治通りから駒沢通りに曲がる直前で、外をチェック。あれ、たけのこ(2007年5月9日の日記参照)が無いぞ!!

ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル」8月10日25時頃訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-08-25 16:13 | 食(恵比寿~六本木)