カテゴリ:プエルトリコ( 5 )

 

Hyundai

プエルトリコの交通はどうなんだろう?行く前、調べようと思ったが、よく分からない。鉄道はなさそうだ。バスはあるのかも知れないけど。。

分からないので、レンタカーを借りてしまった、外国で車を運転経験も無いのに。だいたい、車の運転は日本でもあんまりしてないのに。
借りた車は、韓国の現代自動車(Hyundai)、車種は忘れた。
d0140653_2475544.jpg

島の大きさは四国の半分、多分そんなに人口もないだろうし、一般道を車がのんびり走っているような島なんだろう。きっと快適だぞと思っていた。

実際に行ってみたら、すごく人口が多いじゃないか、実際に運転してみたら、のんびりした一般道どころか、ハイウェイには車がバンバン走ってるし、考えていたイメージとだいぶ違うじゃないか。

なにより予想外だったのは、標識が英語じゃなくてスペイン語で書かれていたこと。ExitじゃなくてSalidaとか。まあ、運転に必要な単語は限られているんで、少しずつ慣れたけど。

運転しているときは、もう二度と外国で車を借りないぞ、と思っていたけど、またどこかで車を借りて運転するかも。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2006-09-04 02:00 | プエルトリコ  

海が好き。

理想のビーチを求めるようになって10年以上。これまであちこちの海へと行ってみた。理想の海の条件は①水がきれいで魚やサンゴ礁がシュノーケルで遊んでいても見られる。②ビーチのすぐそばでチェアを置いてのんびり本を読んだりできて、泳いだ後に美味しいご飯や飲み物も楽しめる。なんか一見簡単そうな条件だが、これがなかなか難しい。

今回はついにカリブ海に初進出。プエルトリコでは3つのビーチに行った。

1つ目は、プエルトリコ島の東に浮かぶクレブラ島。ここは、島自体より何より、ここに行くまでの船が揺れて揺れてきつかった。最初は、船の先頭に乗って、こんな見晴らしの良い席が空いててラッキーとか思っていたけど、船の先頭は波の強いときには特にきついことを実感して船の真ん中へと避難。気持ち悪くなって船員に担がれている人もあちこちにいたし。島に着くと、(日本であれば10人乗りくらいの)ワゴンに20人以上ギュウギュウ詰めにした乗り合いバスに乗ってビーチへ。海は結構きれいだったけど、魚は少なかった、砂浜だったからかも知れないけど。それに、ビーチの脇で食べれるものは日記(プエルトリコ②)でも書いた揚げ物だけ。。脂っこい。。

2つ目は、島の南側ポンセのすぐ脇、ヒルトンポンセのすぐ前。ついに憧れのカリブ海だ。でも、あんまり水がきれいじゃなかった。。チェアはヒルトンホテルの物を勝手に使用できて快適。昼飯を食べようとヒルトンに入ったけれども、あまりに高く、早々に退散。

3つ目は、ポンセから西へ車で約1時間のサンタビーチ(写真)。ここは泊まっていたホテルのレセプションのお姉さんに教えてもらったんだけれども、このエリアの人がよく遊びに行くところらしい。ローカルなビーチだったけど、まずまず楽しめた。ビーチは結構広々していたし、食べ物の屋台も近かったし、それにビールも飲めた(これが一番大きい)。d0140653_2431837.jpg

理想のビーチを求める旅はまだまだ続く。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2006-08-29 01:45 | プエルトリコ  

料理うまい、、、?

プエルトリコ料理って何だったんだろう?一週間旅行してたけど、よく分かりません。夕飯はだいたいプエルトリコ料理じゃない(と思う)ものばかり食べてたし。
d0140653_238262.jpg
プエルトリコの料理といって思い出すのは、まず揚げ物。魚やバナナをそのまま揚げたもの。それに、揚げ餃子みたいなもの、餃子の中身は魚だったり肉だったり。あとは、煮た豆を添えたご飯。

プエルトリコについての日本語HPで一番詳しいだろうサイトを見たら、色々バリエーションはあるみたいだけど、このイメージはそう間違っていないみたいだ。これを毎日腹一杯食べていたら太るよ。。。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2006-08-21 01:51 | プエルトリコ  

フィリピンか?

8月5日から13日までプエルトリコに行っていました。プエルトリコに行きたいなんて、これまで全く考えたことなかったんだけど、彼女がNYに住んでいるので、近いところでどっかないかな、、と考えて何となく決めただけです。

帰国から一週間経っていますが、日記をテーマ別でそろそろ書いてみましょう。
サンファンの旧市街を少し歩くと、カラフルな家が多くて、おや、ここはスペイン?という感じ。この感覚、島の南側のポンセではもっと強かった。ポンセで泊まった古いホテルはPatioもあって趣もあったし。
d0140653_2294635.jpg

その一方で、サンファンの旧市街を少し離れたイスラ・ベルデは、道路を車がガンガン走り、道の両側にはファストフード。

この2つの面を持っている国というと、、ついフィリピンを思い出してしまった。まあ、プエルトリコもフィリピンも、元スペイン領で米西戦争でアメリカ領になったという歴史から見れば、似ていて当然なのかも。

この、フィリピンに似ているねえという話、旅行中に彼女と話していました。ぼくはフィリピンを2回、通算5週間旅行しただけだけど、彼女は1年間フィリピン大学に留学していた経験があるのです。フィリピンの話をプエルトリコでして盛り上がるなんて、めったにできない経験ですねえ。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2006-08-20 01:20 | プエルトリコ  

ワインの機内持ち込み

明日からプエルトリコでリゾート、楽しみです。

今回、プエルトリコまで乗るのはコンチネンタル航空ですが、なんと、エコノミークラスではアルコールが有料なのです。。今年の5月、ニューヨークまで乗ったアメリカン航空もそうでした。ビール、ワインとも5ドルか600円、かなりきついものがありました。泣く泣く5ドル払って、行き帰りとも1杯だけ飲みました。

でも、JAL(アルコール無料)のチケットを買ったのにコードシェアでアメリカン航空になってしまった人は不満を持つはずです。取り敢えずスチュワードにこの点、文句を言っておきました。まあ、私はアメリカン航空のチケットを買ったから文句を言う資格はないんですが、と付け加えたので、私の言い分は極めて弱かったでしょうけど。
今回はその教訓から学習してワイン持ち込み、快適な空の旅になりそうです。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2006-08-05 03:45 | プエルトリコ