カテゴリ:ナカメからの小旅行( 5 )

 

スターフライヤー航空SFJ 28便@関西空港→羽田空港

TOEFLの受験会場の同志社女子大学が大阪と京都と奈良のほぼ中間地点だったのだから、京都から新幹線でさーっと帰れば良かったのだけれども。乗り物好きとしては、行きと帰りでバリエーションを楽しみたいところ。
鉄道も好きだけれども、飛行機も好きなので、帰りは飛行機。
昨年9月から就航したばかりだというのに、早くも撤退の噂のあるスターフライヤー航空の羽田―関西空港線で帰ることにした。
スターフライヤー航空は、規制緩和の中で生まれた新規参入航空会社の一つ。新規参入航空会社というと、格安が売りとか、北海道だったり沖縄だったりの地域振興が目的だったりというのが多い中、飛行機好きが立ち上げた印象のあるこの会社。社名の「フライヤー」もライト兄弟による世界初の飛行機「ライトフライヤー」に由来する。
この会社の飛行機の特色の一つは、(おそらく世界に例の無い)真っ黒の機体であること。
d0140653_1133570.jpg
SFJ 28便(19時30分関西空港→20時40分羽田空港着)に乗るため、関西空港に来た。のだが、チェックインしようとすると、遅れの表示が。
しばらくラウンジで休んだ後、搭乗口に行くと、機体は来ていたのだが、黒いから夜ではよく見えない。夜中に車を運転している時も、黒い車はあまりよく見えなくて危なく思うときがあるけれども、黒いスターフライヤーの場合は大丈夫だろうかと少し不安。まあ、車じゃあるまいし、目で見て相手を避けることなんて無いんだろうけど。
機内に入れたのは1時間以上遅れの20時30分過ぎ。こういうことがあると、九州くらい遠くに行くならともかく、大阪までだったら飛行機より新幹線を選ぶようになってしまう。
d0140653_1135790.jpg
機内は黒い革張りで落ち着いている。
黒い紙コップに入ったタリーズのコーヒーに、黒い紙に包まれたチョコレート。全てが黒っぽいので私の写真で見ると薄暗くてかっこ悪いですが、実物はもっとかっこいいのです。
座席の前のポケットを見ると、スターフライヤー航空のカードのパンフレットが入っていた。私も某航空会社の提携カードを持っているけど、スターフライヤーに乗り換えようかな。こちらの方が色がいいぞ。なにせ、こちらはブラック!
d0140653_1141335.jpg

スターフライヤー航空SFJ28便(19時30分→20時40分、実際には、20時40分→21時50分)関西空港→羽田空港
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-11-03 01:17 | ナカメからの小旅行  

路面電車(阪堺電気軌道)@恵美須町→浜寺駅前

堺市には、大阪から和歌山へ向かう南海本線とJR阪和線、大阪から高野山へ向かう南海高野線、そして、大阪から堺までの阪堺電気軌道という4本の電車が走っている。
そして、和菓子の「かん袋」の最寄り駅は、阪堺電気軌道の寺地町。
d0140653_572723.jpg
通天閣にほど近い阪堺線の恵美須町から阪堺線の路面電車に乗る。
路面電車に乗っていると、普通の電車と同じように道路と区別された線路を走ることもあるが、時に道路の上を走ったりして、ついつい前を見たくなる。運転席の後ろに立って前をずっと見ていたいのだが、小さな路面電車の車両の中でいい歳した大人が運転席の後ろに立っているのも恥ずかしい。
仕方なく、運転席に一番近い席に座り、さりげない振りをしつつ前をちらちら見ていた。

終点は、浜寺駅前。
「浜寺駅前」自身も駅なのに、南海線浜寺公園前駅の前ということで「浜寺駅前」と名乗る奥ゆかしい阪堺線の路面電車であった。
だが、「浜寺駅前」駅に、置いてあったパンフレットをふと手に取ると、それは「堺のチンチン電車を愛する会」のパンフ、何とこの路面電車は廃止されそうだと言っているではないか。

ああ、この路面電車にもう乗ることもないのだろうか。
d0140653_574777.jpg
そう思いつつ、二度と見ないかも知れない光景を焼き付けようと気合を入れて駅前に降り立つと、すぐ近くに立つ南海線の浜寺公園駅は、文明開化を思わせる造り。駅舎に入ってみると、日本銀行本店や東京駅の設計で知られる辰野金吾氏の設計になる、現存する日本最古の洋風駅舎だという。
d0140653_58173.jpg
この路面電車が廃止される前に、この明治の駅舎がなくなってしまう前に、もう一度来てみたい。勿論その時も「かん袋」のくるみ餅は欠かせませんね。

阪堺電気軌道(恵美須町→浜寺駅前、途中の寺地町駅で途中下車) 2008年8月9日15時50分ころ→17時10分ころ
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-10-23 05:11 | ナカメからの小旅行  

穴子@木更津

夏だ、うなぎの季節!
じゃなくて、穴子の季節だ。
ぼくは、(いいうなぎを食べていないからだろうけど)、うなぎの脂っこさがあまり好きでなく、穴子の方がすきなんだ。

今日、所用で木更津へ。
昼飯時なのでどこかに入ろうとするのだが、駅前があまりの寂れっぷりで入りたい店がまるで無い。。
散々歩き回ったあげく、古びた蕎麦屋へ。「木更津特産、あさり、あなご」と書かれていたから入ったんだが。

d0140653_330546.jpg
木更津はあさりだけじゃなく穴子も特産だったのか。。
穴子丼に穴子の蒸し物と盛り蕎麦がついた「穴子セット」を注文(900円)。
老夫婦が店の奥で料理をしているのを待っていると、いささか不安。料理人だけじゃなく油まで古びてはいないだろうか、と。
食べてみると、予想外に軽い揚がり方で満足。
テーブルの上に置かれたスポーツ新聞を読みながら飯を食うという、昔ながらの食堂での正しい食い方を実践しました。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-06-21 05:36 | ナカメからの小旅行  

柏屋別荘@長野県、別所温泉

d0140653_217416.jpg「温泉」と名乗る施設はあちこちにあるけど、それもいろいろ。うちの近くだと、麻布十番温泉とか、六本木の「Zaboo」とかあるけど、そういう、都会にあるのじゃなくて、いかにも温泉らしい所に行きたい、休みの日には。

ゴールデンウィークだし、混んでいて宿も取れないから、日帰りで行かれるところで、いかにも温泉街という所は、、と頭をひねり、長野の別所温泉に行くことにした。
ここは、前職時代の研修の旅行で行ったのです。

まずは、温泉街の一番奥にある「柏屋別荘」に。ここは、洗い場が畳敷き。露天風呂もあって気持ちいいね。お湯を飲めたので少し飲んでみるけど、硫黄がきつくて、ちょっと気持ち悪い。。
温泉街ならではの楽しみである外湯も数箇所あったんで、その一つ「石湯」に入る。これまた、趣きがある。
入浴後は、地元の食堂で、馬刺しをつまみにビール。
d0140653_2171499.jpg

でも、帰りの車の運転中、お湯に体がのぼせたのか、ちょっと気持ち悪くなってしまった。。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-05-04 03:17 | ナカメからの小旅行  

仙台出張でシウマイ弁当

d0140653_129216.jpg
今日は、仙台出張。
朝食は、新幹線の中での駅弁。つい、シウマイ弁当を買ってしまった。横浜出身者にとっては、昔からなじみの味で、体が妙に欲するんだよね。
期待していた仙台の食事(牛タンとか生牡蠣とか)は、時間が無くてゼロ。
駅の売店で笹蒲鉾1切れと「萩の月」1切れを試食しただけに終わりました。

崎陽軒 シウマイ弁当」2007年1月26日10時頃食事
[PR]

by Yokohama_Nakame | 2007-01-27 01:18 | ナカメからの小旅行