ガトーよこはま@横浜中央卸売市場

横浜駅から徒歩20分のところにある横浜中央卸売市場。
その脇に、「チーズケーキ」という看板があって(周りの雰囲気にそぐわず)気になっていたのですが、この度、初めての訪問。
d0140653_1502265.jpg
店内で食べるスペースもあるけれども、市場でチーズケーキというのも変なので、これから実家に行くので、持ち帰り用に注文。
d0140653_1504278.jpg
有名だった「ガトーしらはま」のチーズケーキの権利を横浜中央卸売市場にある青果物卸のつま正が譲り受けて、「ガトーよこはま」として作っているのだという。でも、肝心の「しらはま」の部分が抜け落ちたら、権利を譲り受けたとは言っても、後継者らしくないような。。
ちなみに、白濱氏は、現在宮崎で「シェ・しらはま」としてチーズケーキを作っているようで、どうみてもこちらが真の後継者っぽく見える。
d0140653_1505286.jpg
13cmホール1575円を注文したが、工場で買ったので1割引、少し嬉しい。

ガトーよこはま 2009年6月15日13時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-24 01:54 | 横浜(とその他の神奈川)  

葱や平吉渋谷宇田川町店@渋谷宇田川町

妻と渋谷で午前中に所用。
12時過ぎに用事が終わり、電力館方面から公園通り、東急ハンズの方に歩いてきたのだが、この辺りは最近来ないせいかよく知らないし、事前リサーチもしていなかったので、何処で食べようか迷う(というか、特に食べたくなる店がない)。
d0140653_0405615.jpg
井の頭通りを少し脇に入った辺りに、葱の束が置いてある。何だろうと思いながら店に入ってメニューを見せてもらう。葱にこだわった店らしく煮込みうどんなどもあるようだ。ちょうど軽い物を食べたい気分にもマッチして入店。
d0140653_041224.jpg
焼酎のビンがカウンターの前にずらりと並ぶ。夜に居酒屋として流行っているようで、20代前半までが多いこのエリアで30歳過ぎの私らがゆっくりするには良いかも知れない。
d0140653_0413235.jpg
このブログを書こうと思って、今ネットで見てみたら、「KIWAグループ」の文字が。また、やられたか。。。(チェーン店には入るまいと思っている私だが、何故かKIWAグループの店には吸い寄せられるように入ることが多いことについては、新宿思い出横丁「もつ焼うっちゃん」の記事を参照)
葱の束を見て店の中を見に行った辺りで、既にオーナー中島武氏の掌の上で踊らされていたのだろう。

葱や平吉渋谷宇田川町店 2009年6月14日13時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-23 00:43 | 食(東京のその他エリア)  

ナイアガラ@祐天寺

子供の頃、東海道線の線路から遠くない所に住んでいて、よく電車を見に行っていたせいか、小さい頃は鉄道好きだった。今では、別に鉄道マニアでもないのだけれども、鉄道は結構好きで、普通の人なら鉄道を使わないときでも、鉄道を使ってしまうことが少なくない(例えば、去年の新婚旅行でインドに行ったときとか)。
d0140653_3274940.jpg
うちから徒歩7分ほど、祐天寺駅前のナイアガラへ。鉄道グッズに囲まれたカレー屋として有名だ。近所なのに、ここに住んで3年以上経って初めての訪問。
席は、一昔前の中距離列車の4人ボックス。最近はこのボックス席少なくなったなぁ、東海道線すら、山手線のようなロングシートばかりだし。
d0140653_012475.jpg
(↑店に来ていた小さい男の子に駅員さんの帽子をかぶせて記念撮影)
妻はカツカレー、私はハンバーグカレーを注文。
カレーは模型の機関車で運ばれてくる。料理が来るまでの間に、他の席に運ばれていくカレーを運ぶ機関車を撮影。のはずが、思った以上に機関車が早くて写真を綺麗に取れなかった。
d0140653_0122146.jpg
子供が生まれたら、特に子供が男の子で鉄道好きだったら子供をつれてこの店に行くと思うんですよ。でもね、そのためにも、是非、少しこの店に変わって欲しいところもありまして。
東京ディズニーランドが代表例でしょうが、夢を売る場所は、ディテールまで夢を売ることにこだわって欲しいのです。この店の場合、店内細部のきれいさとか、少しおろそかになっている気がするのです。店長(駅長?)さんがお年を召してきたためかも知れませんが。。
であれば、店の代替わりをお願いしたいのです。店長さんの功績はとても大きいです。でも、この店ならではの面白さを維持するためにも、そろそろ代替わりの時期なのでは、また行きたいからこそ、思ってしまいました。

ナイアガラ 2009年6月13日14時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-22 03:30 | 食(中目黒)  

オザミ トーキョー (AUXAMIS TOKYO)@丸の内ビルディング

「お一人様」とか言いますが、10年前は無かった言葉のような。
一人で食事をするのは恥ずかしいという女性の気持ち、これに店側が応えて彼女達も気楽に食事を楽しめるようにという配慮をするようになってきていること、この辺りがこの言葉の背景にあるのでしょうか。
d0140653_3324663.jpg
6月12日が休職前の最終出勤日。12日はランチミーティングだったので、11日が最後のランチ。最後のランチには、(最近はあまり行かなくなってしまったけれども)一番行ったんじゃないかな、と思えるオザミトーキョーを選んだ。
d0140653_333694.jpg
仕事で疲れた時とか、よくランチに行った。ここは、カウンターがあって、ここはお一人様でも気楽に食事ができ、疲れをほぐすのには最適だった。
最近あまり行かなくなってしまった、というのも、この仕事を始めた頃のような疲れ方をしなくなったことの故なのだろうか。
d0140653_3332628.jpg
d0140653_3333929.jpg
(↑フォアグラのリゾット。ここのランチの定番、豚ロースのグリエを選ぶつもりだったのに、ついこちらを選んでしまった。)
d0140653_3334934.jpg
(↑ブランマンジェ)

オザミトーキョー(AUXAMIS TOKYO)2009年6月11日13時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-20 03:37 | 食(東京駅~日本橋)  

コカレストラン日比谷店@日比谷

以前TVで、オウム真理教が経営していた「うまかろう安かろう亭」という食堂がハルマゲドンを文字った「ハルマゲ丼(春巻丼)」というメニューを出しているのを見た。当時、「メタボ」などという言葉は日本語になく、当然メタボ予防など考えたことなかったが、そんな私さえ、これは太りそうだなと思った。
d0140653_14535938.jpg
ポイントカードにポイントが貯まっていたのを思い出し、コカレストラン日比谷店へ。バンコクに本店のあるコカレストランと提携してM・R・S(旧マルハレストランシステムズ)が出店している。
この山手線などのガード下という立地は、交通の便がいい一方でちょっとした古めかしさも併せ持っていて、なかなか良いと思う。店内に入るとアコモデーションは古くないし、電車の音も気にならない。天井の形さえ見なければ、ここがガード下だということを忘れてしまう。
d0140653_14541284.jpg
週代わりランチの、「豚肉の自家製XO醤煮込み」(1000円)を注文。
d0140653_14542638.jpg
出てきた料理を見ると、濃いタレのかかった豚肉の煮込み+春巻がご飯の上に乗った、豚肉春巻丼。食べると、豚肉の味が若干濃い目。甘いタレのかかった春巻も、ちょっとジャンクな感じで、メタボ予防を気にする身には、少し厳しい。

コカレストラン日比谷店 2009年6月10日13時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-18 14:58 | 食(東京のその他エリア)  

ラーメン新橋店@新橋

ラーメン二郎。慶應義塾大学三田キャンパスのすぐ脇にあり、慶應出身者にとって、忘れられない味と言われる。
私も司法試験受験生でよく慶應に出入りしていた頃、この味に引き寄せられた。濃厚な出汁が出ているスープ、ボソボソとして時間が経つにつれて汁を吸ってぐんぐん膨れ上がる麺、辛さとニンニクでやたらと喉が渇く感覚が懐かしい。あまりの分量の多さで、最後には根性だけで「これを食べ終えれば、司法試験に合格するぞ!」などと自分に言い聞かせながら頑張って食べていた。その後も、ついつい懐かしくて、二郎の高田馬場店、池袋店、目黒店と近くにいるとついつい立ち寄ってしまう。
新橋の二郎は、いまや「ラーメン新橋店」。「元ラーメン二郎新橋店」とでも言わないと説明のしようがない。
d0140653_3554420.jpg
食券を出してすぐに、「トッピングは?」と聞かれた。三田では、麺が茹で上がる頃に、「ニンニク入れますか?」と聞かれるだけだったような気がするのだが。。とはいえ、反射的に「野菜、ニンニク、辛め」と口をついてしまった。
d0140653_356830.jpg
食べ始めてみると、あっという間に食べ終わってしまった。世間のラーメン屋では常識的な量だろうが、これでは二郎じゃないなぁ。
実際、「ラーメン二郎新橋店」ではなく単なる「ラーメン新橋店」なのだが。

ラーメン新橋店 2009年6月9日13時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-17 03:59 | 食(東京のその他エリア)  

龍口酒家@幡ヶ谷

6月1日にリニューアルオープンした幡ヶ谷の龍口酒家が先着順でフカヒレ姿煮をプレゼントとのこと。680枚準備されていると聞いたので、無くなる前を狙って6月7日に訪問。
7時30分に行こうとしたが満員で、予約できたのはようやく8時30分。
確かに、かなり綺麗になっていて、しかも店内が元の広さの約2.5倍。
d0140653_2562461.jpg
(↑いつも、最初に出てくる鶏の代わりに、今日はチャーシュー。鶏が無くなってしまったというので、フカヒレがまだ残っているか不安になる。)
d0140653_2563574.jpg
(↑紹興酒を注ぐ店員。段差の奥が元の店のスペース。)
d0140653_2564985.jpg
(↑お客さんが持ってきてくれたというインゲンの炒め物。この日最も美味かった料理の一つ。)
d0140653_257453.jpg
(↑フカヒレ)
この日、一番驚いたのは、ナスの皮の炒め物。ナスの皮だけで一つの料理になるとは。材料費は本当にかかっていないけど。
d0140653_2571968.jpg
(↑ナスの皮の炒め物)
d0140653_258087.jpg
(↑漬物が実に美味い。)
d0140653_2581424.jpg
(↑じゅんさい)
広くなったせいか、店員さんのお客さんへのケアが少し低下したような気もするけれども、まあ最初ですから。

龍口酒家 2009年6月7日20時30分~訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-15 03:01 | 食(新宿とその周辺)  

英国MBA留学

海外に行って何かを学ぶ。
自分に足りないものを探しに行くからに違いない。
でも、それを表立って言っていいのか?

約10年前、当時日本代表だったサッカー選手がイタリアセリエAのチームに移籍する際の記者会見で、「僕に足りないものが、イタリアという国にはあると思ってるんで、それを見つけに行きたいなと思います」と言っていたのを聞いた。
それを聞いた瞬間、彼の移籍は失敗するのではないかと思った。
というのも、外国から来る選手は、助っ人な訳で、チームにとって役に立ってくれなくてはいけない。足りないものを探しに来るような奴を、試合に出している暇なんかあるか、とイタリア人に思われやしないか、と不安になった訳で。
果たして、彼は、試合にあまり出られないまま、1年で日本に帰ってきた。

留学の場合、金を払って学生として学ぶのだから、助っ人として海外でプレーする選手とは身分が違うのだけれども、「足りないものを見つけに行きたい」などと言いたくはない。自分の持ち味をぶつける中で、何らかをつかめたらいい。

6月12日付けで職場を休職しました。
2009年9月から、オックスフォード大学サイードビジネススクールに入学し、金融やビジネスを学び、MBA取得を目指します。
d0140653_274590.jpg
(↑サイードビジネススクール正面)
d0140653_285832.jpg
(↑オックスフォード大学クライストチャーチカレッジ)
d0140653_292711.jpg
(↑オックスフォード大学クライストチャーチカレッジ、ホール。学生の食事の場)
d0140653_2101651.jpg
(↑オックスフォード大学、ラドクリフカメラ。図書館として使われている)
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-13 02:15 | プロフィール  

ダバ インディア@東京駅八重洲口

何かで読んだことがありますが、日本には雨をさす言葉が梅雨、時雨、五月雨等々あるように、モンゴルには羊を指す言葉が何種類もあるとか。おそらく、羊肉の良し悪しについてはモンゴル人は、非常に繊細なのでしょう。日本人の場合、魚については世界一繊細なんじゃないかと思いますけどね。
では、日本人は肉だと、何について繊細かと言うと、たぶん鳥肉ではないかと思うんですよ。
d0140653_3194589.jpg
初台で仕事をし、初台、幡ヶ谷あたりでランチを食べていた時期も、終った。東京駅あたりで久々にどこで食べようかと思って、まず思いついたのが、このダバインディア。
d0140653_320847.jpg
店内に入り、日替ランチ(中辛、この日はチキン(ピーナツソース))を注文。この店は、ナンかライス+バトゥーラを選べるが、後者を選択。
d0140653_32024100.jpg
久々に食べるこの店のカレーは、本当に美味い。東京のインド料理でも相当に上のランクではないだろうか。単に辛いというのではなく、非常に味が複雑で食べる者を飽きさせない。チキンを選んだのも、久々に食べる時の選択として正解だった。チキンという、日本人にとって馴染みの肉だけに、調理の上手さが伝わってくる。歯ざわりまでよい。

ダバ インディア 2009年6月3日13時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-10 03:21 | 食(東京駅~日本橋)  

らーめん鐵釜@六本木・六本木ヒルズ

電車の車掌さん、今は昔ほどでもないかも知れないけれども、独特の節回しで、「つぎは~、新宿~、新宿~。」って言っているじゃないですか。新人の車掌さんは、あの節回しを叩き込まれるんでしょうか。
でも、最近は、女性の車掌さんもいるじゃないですか。それなのに、「つぎは~、新宿~、新宿~。」って言っている女性の車掌さんは何故かいないですね。
d0140653_3949.jpg
この日、仕事帰りに、六本木ヒルズ内のアカデミーヒルズ・ライブラリーで勉強をしようと思って、六本木で下車。この界隈でラーメンを食べたいときによく行く鐵釜へ。
特・鐵釜(900円)を、麺の硬さ=めちゃばりで注文。
d0140653_39266.jpg
この店、注文が入ると、注文を受けた人が、厨房の人に注文を伝えるんですがね、元気が良いといえば良いんですが、言い回しが独特なんですよ。
醤・鐵釜を麺の硬さめちゃばりで注文すると、「醤のめちゃ、入りました~」、生ビールを注文すると、「生一丁、入りました~」っていう感じで。
d0140653_394765.jpg
特・鐵釜を食べていると、向かいのお客さんが言うんですよ。
「生ビール、お願いしたんだけど、来てないですよ。」
そう言われて、慌てて店員さんは注文を入れたんですが、何故かこのときだけ、いつもの節回しじゃないんですよ。自分達でも、この独特の節回し、客寄せのネタで、シリアスな場面ではヤバイ、と思っているんでしょうか。この時ばかりは、小さな声で、「生ビール、お願いします」だった。

らーめん鐵釜 2009年6月2日22時ころ訪問
[PR]

# by yokohama_nakame | 2009-06-06 03:11 | 食(恵比寿~六本木)