成田エクスプレス+空港カウンターでの戦い@東京駅→成田空港第1ターミナル

外国に行くとき、どうしてもギリギリになりませんか?数日間、日本での仕事を離れる訳で、抱えている仕事をそれぞれ一段落させる必要がある訳ですから。
いつもそんな訳で、ばたばたしてしまうのですが、今回の渡英では、仕事の片づけを終えて家に帰った後も色々やることが多く、片付いたのが朝6時過ぎ。もう寝ないで成田に向かった方が良いくらいの時間だったのに寝たために、やっぱりギリギリに。
d0140653_130658.jpg
12時発のバージンアトランティック航空(VS901便)に乗るというのに、東京駅に着いたのが9時30分過ぎ。成田エクスプレス10時03分発で成田空港到着予定が10時57分。不安だったので、バージンアトランティック航空に電話。「10時57分着なんです。」と恐る恐る言うと、「大丈夫ですよ。」と快い返事。

だが、なんと!人身事故で成田エクスプレスは東京駅を10分遅れで発車予定とのこと。しかも、実際に東京駅を発車したのは10時15分過ぎ。再び、バージンアトランティック航空に電話。「成田空港に着くのが11時20分ころになりそうなのですが。。。」窓口氏いわく、「乗れるとの保証はできませんが。。」

「できる限り、遅れを回復します。」との車内放送に期待をかけていた。のだが、途中からのろのろ。しまいには、成田空港駅到着が11時30分ころ。
カウンターに走ったのだが、カウンター氏は電話をかけて確認した上でいわく、「もう重量計算も終ったので、発券できません。残された道は、翌日の便への振り替え、これですと50ポンドの手数料になります。もう一つの道は、他社の便を探して乗ることです。」とのつれない返事。
と、そこへ、電車が事故で遅れた、と騒ぎながらやってくる外国人(東欧系?)が一人。
交渉事のテクの一つは、交渉慣れした人の後にくっついて自分も利得をせしめること。この外国人なら、なんとか頑張ってくれるでしょう。
と思いきや、2,3分であっという間に諦めて、翌日便への振替手数料を払い始めた。しかも、ホテル代がもう1泊分かかるじゃないか、とかぶつぶつ言うだけで、窓口氏に食って掛かる気合ゼロ。
こういうとき、凄まじい威力を発揮するのは、中東某国の方々です。(諸事情から周囲の国とうまくいかず、サッカーでも何故かヨーロッパ予選に出ているアノ国です。)彼らの場合、航空会社の責任の有無にかかわらず、翌日振り替えであれば、ホテル代、都心までの交通費、電話代などなど、当然の権利として巻き上げていきます。
d0140653_1303257.jpg
私の場合、どうしても5日(木)のうちに英国に着いておかなくてはならない事情があったので、泣く泣く新しいチケットを買うことに。5日中に英国に着く唯一の選択肢。ドイツでの乗り換え便、ルフトハンザ。240,090円。空港で国際線のチケットを買った初めての経験です。

成田エクスプレス 2009年3月5日10時03分~10時57分(の予定でした)

【追伸】

ケータイ操作中ホームから転落、はねられ死亡…警笛に驚く?

5日午前8時20分頃、横浜市鶴見区のJR鶴見駅で、京浜東北線横浜方面行きホームを歩いていた同区鶴見中央、派遣社員伊東賢太郎さん(31)が線路に転落し、南浦和発磯子行き普通電車(10両編成)にはねられ、全身を強く打って死亡した。
鶴見署幹部によると、複数の乗客が、混雑したホームの端を伊東さんが携帯電話を操作しながら歩いているのを目撃しており、近づいてきた電車の警笛に驚いてバランスを崩し、転落した可能性が高いとみて調べている。伊東さんは、出勤途中だった。
JR東日本横浜支社によると、この事故で同線と東海道線で計20本が運休、横須賀線も含め3線で計31本が最大約40分遅れ、約10万3000人に影響が出た。

2009年3月5日14時24分 読売新聞
[PR]

by yokohama_nakame | 2009-03-10 13:10 | 英国2009,3,5~3,11  

<< ルフトハンザ航空LH715便(... 麗郷@渋谷道玄坂 >>