カテゴリ:食(東京駅~日本橋)( 24 )

 

八重寿の魚人(とと)@東京駅八重洲口

d0140653_146595.jpgよく通る道なのに、どう見ても自分好みの店なのに、何故か今まで入らなかったエアポケットのような店、「八重寿の魚人(とと)」。

入ってみると、店員も元気で活気がある。
腹が減っていたせいか、日替善(真アジフライ、メンチカツ)(850円)を注文。

美味いし、ボリュームもあって、満足度が高い。

が、ふとメニューを見ると、煮魚膳(アラ炊大根煮付)に惹かれる。
隣の客がアラ煮大根煮付を食べているのを見ると、どう見ても、美味そうだ。
どう見ても自分好みの料理なのに、何故か今日は頼まなかった。

次は食べてみたい。

八重寿の魚人(とと) 2008年5月8日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-05-10 00:53 | 食(東京駅~日本橋)  

いわし処田中@東京駅八重洲口

d0140653_103943.jpg魚でコロッケを作る場合、大きな方向性は二つあるだろう。
①魚で作ったとは気づかれないようにする。
②魚らしさを前面に押し出す。

この日、東京駅八重洲口から日本橋にかけて幾つかある路地に面した「いわし処田中」へ。
いわしコロッケ定食(800円)を注文。

このコロッケは、上の分類で行くと明らかに①。そもそも、イモの味しかしない。
魚嫌いの子供に食べさせるのならば①も良いだろうが、この店の名前を見て、魚嫌いが入ってくるとは思えない。

d0140653_0592734.jpg以前、この店に来てイワシ丼(800円)を頼んだときも、決して不味くはないが期待したほどでは、、と思っていたのだが。正直言って、今日のいわしコロッケ定食はがっかりの部類に入る。

調理場を見ると下ごしらえをしたイワシもあるし、このこだわった店名といい、決していい加減な店とは思えないのだが。ランチはそこまで力を入れていないのだろうか。

いわし処田中 2008年4月30日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-05-01 01:05 | 食(東京駅~日本橋)  

しうまい家 松富@日本橋

日本橋の車の通れない小道にある小さい店だが、「しうまい家」という店名で、特許しうまいが売りだという。
崎陽軒のシウマイで育ってきた横浜出身者も、気になって店に入ってみた。d0140653_037229.jpg
しうまいというと、中華料理屋かと思ってしまうが小料理屋風の和食屋だった。この小道の店にあっては、店が新しい感じである。どうやら昨年開店したらしい。

さて、肝心の特許しうまいだが、食感が残る材料のきざみ方と、熱で味が落ちない手法が新しいそうだ。

食べてみると、確かに美味いような気がする。(実は、正直に言うと、すっごく美味いというほどの新鮮味を感じることはなかった。)

職場に戻ってきた後、ヒマな時間に、一体どんな特許なのか詳しく知りたくて、特許電子図書館のHPで確認してみることに。

あれ??
「シウマイ」でみても、「しうまい」でみても、「シュウマイ」でみても、「しゅうまい」でみても、特許だけでなく実用新案も見ても、それらしいものが見つからない。。

追伸:職場のアシスタントがこのシュウマイの特許を見つけてくれました(昭60-186266)。本当にお恥ずかしい限りです。(2009年5月27日補足)

しうまい家 松富 2008年4月21日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-04-25 00:43 | 食(東京駅~日本橋)  

山田屋@日本橋

カキをあまり食べないうちに冬が終わってしまったので、先日、冬の名残とばかりに慌ててカキフライを日本橋の今泉で食べた
しかし、もうひとつの冬の醍醐味のふぐ、これまた十分食べないうちに冬が終わってしまった。

今泉のすぐ前にあるふぐの店、山田屋の暖簾をくぐった。でも、今日はふぐではなく、普通の魚のランチ。
d0140653_2063665.jpgムツの粕漬け焼(1000円)を頼んだが売り切れ。魚のメニューすべて売り切れとのこと。でも、幸いメダイ塩焼を魚ランチの値段(800円)で出してくれると言う。
待つこと約10分、出てきたメダイ塩焼は、歯ごたえ、身からじわっと出てくる旨味と塩味のコラボともに好し。これで800円とはかなりお得感がある。

1人で行ったことしかないので未確認だが、女性客にのみデザートが付くとのこと。これで800円とはいっそうお得感があるだろう。


山田屋 2008年4月17日13時30ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-04-18 20:14 | 食(東京駅~日本橋)  

はし本@東京駅八重洲口

d0140653_1233485.jpg東京駅八重洲口の近くにある昔ながらのうなぎ屋「はし本」で、鰻玉丼(1000円)を頼む。
鰻と卵の熱々の取り合わせが食欲をそそる。CP良し。

一人で食事に行ったとき、隣のテーブルにいる人の会話が聞こえることがある。普段は気にならないけど、この人たち、どういう関係かな?とプロファイリングしたくなることもある。

この日は、隣のテーブルで、30代後半と思しき白人男性と30代の女性とがなにやら会話していた。職場の同僚とは少し違う雰囲気だが、この2人、どういう組合せなのだろうか。
英語で会話しているんだが、白人男性は、出張で来た一時的な滞在者のような感じはしなかった。
たとえ白人でも日本に溶け込むと、何となく日本人ぽくなるもの。一番印象に残っているのは、かつてサッカー日本代表だったロペス。来日したころは明らかに外人の顔をしていたけど、顔の色や骨格は変わらないのにどんどん日本人ぽくなっていった。ある時のガッツポーズは、柳沢かと思ってしまったし。d0140653_1232252.jpg

この白人も、そういう雰囲気が漂っていた。

ipodでTOEFL用の英語教材を聞くよりも、彼らの会話を盗み聞きをしつつプロファイリングする方が英語力アップには効果的だろう。
でも、さりげなくできる日本語の盗み聞きと違い、英語の盗み聞きをさりげなくやることは難しい。おそらく、耳だけそちらに向けるどころか体ごとそっちに傾き、顔は必死になり、会話を楽しんでいる彼らもひいてしまうに違いない。そう思い、あきらめた。

はし本 2008年4月16日13時30分ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-04-17 01:32 | 食(東京駅~日本橋)  

今泉@日本橋

目黒川の桜を週末に堪能し、春になったことを実感した。
でも、春を感じるや、ふと、この冬に牡蠣フライをあまり食べていなかったことを思い出し、これが気になって仕方ない。
d0140653_232312.jpg
東京駅八重洲口から日本橋の方へ一方通行の細い道を歩く。さらに、車も通れない小道へと折れる。
下町出身のせいか、大通りよりも、こういう細い道をこちょこちょ歩く方が落ち着く。

そんな小道の中ほどにあるのが、今泉。
牡蠣と白身魚のフライ(1200円)を注文。
ここの牡蠣フライは、大振りで中の方はとろとろとしていて、食感が心地よい。

一方の白身魚のフライには大葉が入っていて、ぼくは好きだが、趣味が分かれるかも知れない。

今泉 2008年4月7日13時30分ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-04-08 02:04 | 食(東京駅~日本橋)  

インドワラ連日のランチ@東京駅八重洲地下街

d0140653_4261831.jpg同じ店に2日連続で行くと、覚えられていることも多い。3日連続で行くとかなり高い確率で覚えられている。店員に覚えられるとちょっと恥ずかしいので、あまり連続で同じ店には行かない。

でも、妻が昼時にぼくの職場近くに来たので、昨日のブログを見て行きたがっていた「インドワラ」に行くことに。

さすがに、昨日とは違うメニュー、キチュリセット(600円)をオーダー。
キチュリ(インドのリゾット)はやさしめのカレー味でこれだけでも美味しい。でも、ライタヨーグルト(甘くないヨーグルト)やサンバル(野菜カレー)を混ぜるとさらに美味しい。

こんなこと、ブログで書く内容でもないんだが、実は、昨日の夕方から腹の具合があまりよろしくない。
そんな内臓がお疲れ気味のぼくでも、このキチュリセットはすんなり食べられた。
刺激の強いカレーばかりで、インド人は具合の悪いときには何を食べているんだろう。この長年の疑問が解けた気がする。

INDO WARA(インドワラ)」2008年2月6日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-02-07 04:27 | 食(東京駅~日本橋)  

インドワラ@東京駅八重洲地下街

d0140653_3325266.jpgカレーやご飯がバナナの葉の上にのって出てくるのは、池袋に住んでいた頃、「A Raj(エー・ラージ)」に行って体験したことがあった。このエーラージも、普通に頼めば、普通のお皿の上に出てくるのだけれども、「ミールス」(ランチタイム1000円(ベジタリアン)、1300円(ノン・ベジタリアン)、ディナータイム2500円(ベジタリアン)、3500円(ノン・ベジタリアン))を頼むと、バナナの葉の上に、いろいろ定食のようにのってくるというものだった。

池袋から引っ越して以来、バナナの葉の上に載ったカレーとはご無沙汰していたのだが。
職場のすぐ近く、八重洲地下街でお目にかかるとは。
しかもここは、カレーセットが650円、安い。
まあ、四角いお盆の上にのるようにバナナの葉が四角くカットされているけど、それに、店の敷地が凄く狭くて8人で満員(しかも8人入ったらかなりぎゅうぎゅう)だけど、でも、この値段なら問題にならないね。

INDO WARA(インドワラ)」2008年2月5日13時ころ訪問
[PR]

by yokohama_nakame | 2008-02-06 03:37 | 食(東京駅~日本橋)  

カオタイ 丸の内マイプラザ@丸の内

d0140653_1753403.jpg丸の内は、食事が高い。丸ビルでランチを食べたら1000円は下らない。内容が値段相応なら文句言わないけど、概して、値段だけが世間の2割増というところ。

先日、MYプラザ地下2階にタイ料理屋「カオタイ」を発見。
テーブルが店内に5席くらい、店の外の通路に5席くらいという小さな店だけど、ガパオご飯(バジルをつかったタイ風炒め物) が680円と安く、しかも味も悪くない。

この店を知って以来、週2回は行っている。
最近知ったんだが、高田馬場の「カオタイ」の系列だというじゃないか、この店は、ぼくが司法試験の勉強を始めた頃以来、もう、10年以上も使っている、ぼくのとってのタイ好きの原点みたいな店。ここ数年は、高田馬場にも行かなくなってしまったけど。。

カオタイ 丸の内マイプラザ」2007年12月26日13時30分ころ訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-29 13:42 | 食(東京駅~日本橋)  

天ぷら みかわ@茅場町

d0140653_17392597.jpg11月17日(土)の夜、南の島から1週間ぶりに日本に帰ってきた。わずか1週間とはいえ、日本を離れていると、ついつい和食が食べたくなる。

ぼくの住んでいる中目黒から近所の恵比寿や西麻布にかけてのエリアは、夜も飲みに行きやすいし、美味くて安いフレンチ・イタリア料理も多いんだけど、久々に日本を味わいたくなると、ちょっと違うなと思う。

日本に帰ってきて3日後の火曜日の昼、茅場町に用事があった。

昼食は茅場町「みかわ」にて。

新大橋通りを脇に入り、さらに細い小道へ。大通りに面していないところが良い。
1200円の定食を頂く。カウンターに座って天ぷらを揚げている目の前で食べてると、ついビールも欲しくなるが、仕事中なので我慢。

みかわ」2007年11月20日13時頃訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-11-25 23:35 | 食(東京駅~日本橋)