<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

鳥小屋本店@中目黒

d0140653_1758317.jpg東急東横線の渋谷駅が地下化され、時をほぼ同じくして中目黒駅も多少きれいになるようだ。
しかし、その工事と関係があるのかどうか知らないが、中目黒駅の周りの東横線の高架下の店が一斉に撤去されつつある。

中目黒に引っ越して来て以来最も通った店の「源八」は、9月末に撤退して、青葉台の少しスノッブなエリアに移転した。一回行ってみたが、あの店の雰囲気(BGMはすべて80年代、とか)と青葉台の雰囲気と溶け合うか、余計なお世話だが、少し心配だ。

さて、2007年の年末、ぼくがガード下で源八に次いで二番目に多く来た店、モツ鍋の「鳥小屋」が店を閉じた。
店内は、店を訪れた有名人のサインがぺたぺたと貼られ、お世辞にもきれいとは言いがたい。だが、その鍋の美味さと、CPの良さと、閉店時間の(比較的)遅いこと(LO26時)とによって、どうしても忘れられない店だ。

12月29日23時に予約、鍋((たしか)980円)、酢モツ((たしか)450円)、明太タマゴ((たしか)600円)を注文、飲み物は生ビールだが、2杯目からは日本酒。ここで日本酒を頼むともっきりを超えて本当に入れすぎてくれて、いつもこぼれてしまう。
2年後くらいに、これまでの本店の向かいで新しい本店として営業を再開するという。
この雰囲気を残したまま、営業してくれるだろうか。ぼくの2年後がどうなっているかと合わせ、とても心配だ。

鳥小屋」本店、2007年12月29日23時訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-31 06:09 | 食(中目黒)  

カオタイ 丸の内マイプラザ@丸の内

d0140653_1753403.jpg丸の内は、食事が高い。丸ビルでランチを食べたら1000円は下らない。内容が値段相応なら文句言わないけど、概して、値段だけが世間の2割増というところ。

先日、MYプラザ地下2階にタイ料理屋「カオタイ」を発見。
テーブルが店内に5席くらい、店の外の通路に5席くらいという小さな店だけど、ガパオご飯(バジルをつかったタイ風炒め物) が680円と安く、しかも味も悪くない。

この店を知って以来、週2回は行っている。
最近知ったんだが、高田馬場の「カオタイ」の系列だというじゃないか、この店は、ぼくが司法試験の勉強を始めた頃以来、もう、10年以上も使っている、ぼくのとってのタイ好きの原点みたいな店。ここ数年は、高田馬場にも行かなくなってしまったけど。。

カオタイ 丸の内マイプラザ」2007年12月26日13時30分ころ訪問
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-29 13:42 | 食(東京駅~日本橋)  

有名ホテルチェーン in Boracay

d0140653_0521528.jpg
これまで、この日記でいろんな偽物について書いてきた。かつてのバンコクの偽マルイとかマニラの偽イセタンとか。

今回ボラカイ島で泊まったホテルの名前は「リージェンシー」という。が、同名のチェーンとは何ら資本関係も提携関係も無いとのことだった(確認済)。
ちなみに、このリージェンシーの並びには、マンダリンホテルやペニンシュラホテルもあったが、これらも同名のチェーンとは資本関係も提携関係も無いとのことだった(確認済)。
さらに、Two seasonsというホテルもボラカイ島にあったが、これがFour seasonsと何らかの関係があるのかは、聞き忘れた。

さて、リージェンシーだが、ここが気に入るかどうかは、ボラカイでの過ごし方によるだろう。
人の少ない所で静かに過ごしたいというのなら、もう少し中心部から離れたホテルでまったり過ごすのも良かろう。
が、今回は、ボラカイで、海も夜の飲み食いも楽しむというポリシーだったので、中心部にあるここが良かったと思う。

そう、ボラカイ島は、海も飲み食いも楽しめる島なんですよ。そこについては、また次回。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-12 03:41 | ボラカイ島  

ライセンス取得 in Boracay

d0140653_0411478.jpgダイビングショップWhite BlueのインストラクターのYasuさんにテキストを渡され、「○章まで読んで、で、各章ごとの練習問題は、できたらやっといてください~。」と言われる。
遊びに来た南の島だというのに、ノルマ(?)を与えられると、ついつい東京での日頃の仕事のような気分になってしまい、予定時間までに絶対仕上げるという気合に燃えてしまう。時計をにらみつつ必死に読み込んで、なんとかノルマ達成。

まずは、浅瀬に入って練習。マスクに水を入れた後で鼻からの息で水を抜くマスククリアとか、最初かなりきつくて、一瞬挫折しそうになった。でも、初日の最後に、5m位のところまでもぐってクマノミ(ニモ)を見たら、なんとかがんばろうと思えた。

その後は、挫折しそうになることもなく、ライセンス取得!

ぼくが初めて海をきれいだな、と思ったのが、1993年にフィリピンのミンドロ島プエルトガレラでシュノーケルをした時。ここでは宿の目の前の深さ1mの所でも、赤や青のサンゴがたくさんあって、魚がうようよ泳いでいた。
今回は、海での2回目の大きな衝撃。今度もフィリピンでした。幼稚なコメントしかできないけど、魚が本当にきれいでかわいい。

日本から持参のシャンパーニュ(モエ・エ・シャンドン・ブリュット・インペリアル・ロゼ)で乾杯です。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-09 03:39 | ボラカイ島  

高級車に乗る資格なしと判断された@世田谷

d0140653_17464116.jpgぼくは、時々、車の試乗に行く。
新しい車に乗れて楽しいし、次に乗りたい車のイメージもわくし、それにプレゼントを貰えることも多い。

車種を指定し車に乗り込む。
体を包み込むようなシートの安心感、アクセルを踏み込むや静かにしかも力強く加速していく感触。本当にいい車だな、と思った。
国産の高級車を運転したことはないんだけど、乗せてもらった経験上、この車と比べると、ふわふわとしていて安心感がない気がする。
一方、ぼくのプジョー205は、固くてしっかりはしているんだけど、音や振動が乗っている人を落ち着かせない。
まあ、国産の高級車やプジョー205の問題点も、それらだけ乗っていたら気づかないかも知れないけど、この車と比較すると、明白な違いとなってくる。

試乗を終えて、ディーラーに戻ってきた。
ここからが、料金表やら支払いプランやらの説明を受けて、ちょっと面倒くさいんだが、その一方で、来場者・試乗プレゼントをもらえるラッキータイムでもある。

あら。。
一緒に試乗していた販売員、どっか行っちゃったよ。
せっかくなので、「カタログをください!」と言って一応アピールしてみた。さらに、家の郵便受けに入っていた、車のマーク付き小物入れを来場者プレゼントとしてあげますよ!と書いてある広告を見せて、「ありますか?」と聞くと、「もう無くなりました。」とそっけない返事。
普通なら書かされるアンケート用紙も出されなかったし、それどころか、名刺も渡されなかったよ(怒)

客として相手にされていなかったみたいだ。。

2007年12月2日、メ○セ○ス・ベ○ツ世田谷南にて
(写真はイメージです。)
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-04 23:12 | 東京の日常  

ダイビングの指導者選び

d0140653_036911.jpg今回のボラカイ旅行の最大の課題、それはダイビングのライセンス取得。

ぼくのことを知っている人はみんな分かっているだろうけど、大学受験、司法試験受験、どれも他の人より時間がかかってしまっている。。ダイビングのライセンス取得も他の人より大変じゃないかなあ。。そう思って、ぼくの苦戦に辛抱強く付き合ってくれるインストラクターを選ばなくては、と思いつつ、日曜日の午後は、ダイビングスクールまわり。

まず、日本人インストラクターのいないところは、厳しいね。英語で指導されると、分からなくても、分かったとか言ってしまいそう。。ダイビングは命が懸かっているだけに、それは避けたい。

何軒かまわって話を聞くけど、正直言って自分に合うインストラクターの選び方なんて分からないよ。。付き合う相手、結婚相手の選び方と同じですかね(笑)。
話を戻して、ダイビングショップを決めた理由は何なんだろ。えいやっで決めた感じ。あ、看板犬のゴエモンがかわいかったからかも。

ぼくのお世話になったダイビングショップ「ホワイトブルー
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-02 15:25 | ボラカイ島  

韓国人のパラダイス、ボラカイ島

ボラカイ島は、南北に7Km、東西に1~2Kmの小さい島。
島に着いたのが土曜日の夜8時頃だったから、島の1日目は実際には次の朝から。この日は、ほとんどこの小さい島をぶらぶらして過ごすことに。

ぼくがこの島を知った2000年頃に聞いていた噂によると、すごくビーチがきれいでヨーロッパ人の楽園になっている小さな島。

実際に来てみると、思ったより島が大きいし、思ったより人が多い、それに見た感じでツーリストの約半分弱が韓国人。たぶん、生まれて以来、(韓国に行ったことが無いぼくにとって)これほど韓国人を多く見たことは無いだろう。

たぶん、フィリピン人やヨーロッパ人から見たら、日本人と韓国人は区別つきにくいかも知れない。でも、日本人から見たら(たぶん韓国人から見ても)すぐ分かる。
①ホテルの朝食で、テーブルの上にコチュジャンやキムチを置いている。→これは分かりやすい。
②ペアルックを着ているカップルが多い。しかも、I love NY.と書かれたTシャツとかパジャマみたいな服とか。
③ジャケットというか背広の上着を着ているオジサマもいる。はいているのはパンツというよりスラックス。
④極端に目立つ花柄の服を着ている女性が多い。

20年位前の日本人旅行者も、こんな感じで見られていたのかなあ。
微妙に似ているけど違う関係、隣国の人って、なんか意識しちゃうね。
[PR]

by Yokohama_nakame | 2007-12-01 15:03 | ボラカイ島